俳句といつも

北海道・札幌を中心に活動する俳人&俳句講座講師・瀬戸優理子のブログ。詠む・読む「17音の世界」の楽しみ方。

癒詩表紙グリーン
第一句集『告白』(パレード/2017年)にて第34回北海道新聞俳句賞佳作

*俳人「瀬戸優理子」の主な活動実績

2011年に第29回現代俳句新人賞の佳作入選。 受賞作品「晩婚」はこちらからお読みいただけます。


2014年に第14回中北海道現代俳句賞受賞。 受賞作品「結婚指環」はこちらからお読みいただけます。


2015年に第33回現代俳句新人賞受賞。 受賞作品「微熱」はこちらからお読みいただけます。

コロナ禍で顔を合わせてのイベント開催が難しくなった時、なんとか句座を維持したいと模索して始めたのが「ZOOM句会」でした。メール句会や夏雲システムでの句会も良いものですが、ともすると機械的に流れてしまうこともあります。

実際に顔を見ながら「対話」をする句会の肝の部分を体感できるのがZOOM句会最大のメリット。おかげさまで好評を博し、第5回目を開催する運びとなりました。

ZOOM句会を開催するようになって、SNS上での交流だけだった方とも画面越しに対面して俳句にまつまる会話を交わすことが叶い、私にとっても有意義で大切な場となっています。札幌在住の方だけでなく、関東近郊、関西方面からのご参加もいただいています。 

距離も俳歴も結社も協会もその他もろもろの壁を超えて「俳縁」だけで繋がる句会。ご興味&タイミング合う方のご参加お待ちしていますね。

詳細&お申込みはこちらからどうぞ⇒「第5回ZOOM句会~さっぽろ俳句倶楽部」

2021.04.25 15:13 | さっぽろ俳句倶楽部 | トラックバック(-) | コメント(0) |
書いて欲しい言葉を筆ペンアートで仕上げてくれるモニターを募集していた友人のKisshi(キッシー)さん。「これは!」と思い即座に応募、拙句を描いていただきました。ここ1~2年の春の作品から3句。

3枚


一般的に想像する「筆文字」とは違う、ボップで温かみのある文字ですよね。これは「伝筆(つてふで)」と呼ばれるもので、字が下手と苦手意識のある人でも、自身の気持ちを載せて、個性あふれる
文字を書けるという魔法のメソッドなのです。

何を隠そう、私も同じ先生に習ったのですが、習いっぱなしで、まったく活用できておらず💦SNSで素敵な作品を発表し続けるキッシーさんを尊敬&憧れの目で見ておりました(笑)

今回のモニターは、あらかじめキッシーさんが準備してくれた案をZOOMで見せてくれ、そこからリクエストを反映させて、作品を共同で「完成」させていくというスタイルのメニュー。準備してくださった案はどれも完成度の高いものでしたが、せっかくなので1点だけリクエストを追加。

それがこちらです。

春の水1

左が原案。ここに「キラキラ感をプラスしたら、どうなりますか?」と告げたところ、ササっと色紙と色ペンを見せてご提案くださり・・・目の前で仕上げてくれたのが真ん中と右側。キラキラのアスタリスクの場所、大きさなどのバリエーションが少しずつ違います。

その時の、セッションの様子は、こちらのページでご紹介いただいてます。⇒筆ペンモニター様とZOOM④

短いながら、とーっても楽しくワクワクする時間でした。活字で読む俳句とはまた違った、新しい世界が広がる異分野コラボ。以前も、同じ伝筆仲間のヒラノカオリさんが句集『告白』の世界を広げて作品化してくださり感動しましたが、また機会があったらこうしたコラボで楽しんでみたいです。

ヒラノカオリさんの作品はこちらで観ることができます⇒俳句&水彩画伝筆のコラボ作品展




2021.04.02 10:24 | 瀬戸優理子俳句作品集 | トラックバック(-) | コメント(0) |
下げ止まり…とはいえ、コロナ感染状況が落ち着いてきたことと、長男の受験シーズンが一段落したこと、そして少しずつ進む雪解け・春の気配に誘われて、3月は俳句関係の「お出かけ」も復活させています。

その前に、2月最終日は「さっぽろ俳句倶楽部」の第4回ZOOM句会でした。

Zoom句会

今回は、初参加の方が複数いらして、常連さんとまじりあって、イイ感じの刺激ある句会となりました。画像はとある句の鑑賞の一場面。座を沸かせてくれた句で、作者以外いい笑顔で写っております(笑)


コロナ禍の外出自粛の中で「次善の策」として生まれた形ではありますが、毎回札幌以外の遠方からのご参加もいただき、今後も俳縁を広げ、さまざまな背景・環境で俳句を作る方との意見交換の場として大事にしていきたいです。


そして3月7日(日)は「ペガサス」札幌句会を、半年以上ぶりの対面句会で。会場の旧永山邸は、まだ雪に覆われてはいますが、日差しは春を感じさせるあたたかな日でした。

永山邸


Zoomでは省略されてしまう、いわゆる「一見無意味な雑談」「ツッコミ」「脱線」が入り混じる中、3時間半賑やかに活発に鑑賞し合い、充実の時間に。「やはり句会は『生(リアル)』がいいね」と皆で再確認しました。


俳句同人誌「ペガサス」、次号(4月刊行)は10号の節目を迎えます。そして、札幌句会から石井美髯さんが同人昇格!となる号。鍛錬の場である句会も、さらにパワーアップしていきたいですね。

続く3月13日(土)は、俳句集団itakのイベントへ。五十嵐秀彦さんによる『2020年・注目の句集縦覧~北から南から~』と題する講演を聞きに行きました。

DSC_1205.jpg

2020年刊行の計10冊の句集を取り上げて、例句を挙げつつ「読みどころ」を紹介する内容。特に印象的だったのは、池田澄子さん『此処』に登場する「玄関」というキーワードへの注目、信藤詔子さんを「風土詠の作家」と捉える視点、なつはづきさんの句に見る「焦燥感・欠落感」への言及などなどでした。道内作家で、句集刊行後亡くなられたという国兼よし子さんの作品も、自由で清新で素晴らしく。

俳句に入門したての頃は、どんな俳人がいるか、どんな句集があって、どこに行けば手に入るか(まだAmazonなんてなかった時代)もわかりませんでしたが、今はアンテナを立てればいろいろ情報が入って来て、本も買いやすくなり良い時代だなと思います。 個人的には「句集」を読むことは一番、俳句を学べることかなと感じています。と同時に、勉強しようと思って読むのもいいけれど、まずは純粋に「読書」として「作品」を楽しむ姿勢を忘れたくないなという思いもあり。お気に入りの一冊、お気に入りの作家を見つけられたら、俳句がますます楽しくなりますよね。

お話からの刺激と、久しぶりにお会いして人とお話する刺激とで、この日もリフレッシュ&エネルギーチャージして帰途についたのでした。







2021.03.16 11:11 | さっぽろ俳句倶楽部 | トラックバック(-) | コメント(0) |
昨年刊行された2冊の句集の鑑賞文を書いています。お二人とも、私と同じく現代俳句新人賞作家で、現在「蘖通信」でご一緒している句友でもあり、注目している同世代作家でもあります。

★読み手と共にある俳句~柏柳明子第2句集『柔き棘』を読んで

第30回現代俳句新人賞受賞作家。第一句集『揮発』から5年で第二句集刊行と早いペース。カルチャーでの俳句講師も多数務められ、初心者視線、俳句の外からの視点も常に意識されながら、自身の作品を進化・深化させている好句集です。リンク先は、昨年『現代俳句』のブックエリアに掲載された文章に加筆。

★なつはづき句集『ぴったりの箱』を読みたい12~自分を「更新」する俳句


第36回現代俳句新人賞作家。その後、摂津幸彦記念賞準賞も受賞され、満を持しての第一句集刊行。第一句集は、その作家の本質的な魅力がたっぷり詰まっているので、読んでいて楽しく興味深いもの。タイトル『ぴったりの箱』に込められた思いとは何か?それを考えながら読んでいくと、句集を貫く一筋の「ひかり」が見えてきます。


作品とじっくり向き合って読むと、作者が俳句がより身近に感じられます。句集を読むのは贅沢な時間だなあと、改めて。


 






2021.03.09 12:14 | 句集鑑賞 | トラックバック(-) | コメント(0) |
コロナの影響で、対面のイベントや講座の中止が相次いだ令和2年度でしたが、感染リスク軽減の対策法が少しずつ見えてきた令和3年度は、対面講座復活の兆しがあるようです。

おかげさまで、今年に入りましてから、札幌市の介護予防センター様、生涯学習施設様より、令和3年度事業として「俳句講座」を開催したいというお問合せをHP経由でいただいております。

瀬戸優理子の俳句活動・プロフィール等をご覧いただけるHPはこちら→「俳句といつも」

開催費用の目安を提示しておりますが、公的な施設・教育機関様からのご依頼は、ご予算に応じて柔軟に対応しております。また、講座の内容もご希望に合わせてアレンジして組み立てられますので、上記HPに設置の「お問合せ」フォームより、お気軽にご連絡くださいませ。

なお、道内限定ではございますが、北海道立文学館の「出前講座」として講師派遣のご依頼を受けることも可能です。こちらは、文学館が旅費と講師料を負担して、道内各地へ講座をお届けする制度。これまで、札幌・小樽・千歳の小学校や高等学校様、稚内や足寄町の図書館様へ派遣、講座をさせていただきました。

こちらは文学館の基準にて、派遣決定がされますので、ご興味ある方はこちらのページにて詳細をご確認のうえ、お申込みください。→北海道立文学館のHP

今年は「俳句」を人生の彩のひとつとして加えたい、「言葉」や「日本語」を磨く教育プログラムを提供したいとお考えの方のお役に立てましたら幸いです。





2021.02.22 15:34 | 俳句講師(団体・法人向け) | トラックバック(-) | コメント(0) |