癒詩空間

詩・俳句の創作と、今日出会った心に響く言葉たちの紹介。言葉の力を信じて、言葉で素敵空間を生みだすブログです。

癒詩表紙グリーン

*詩人「たけまゆり」の主な活動実績

2004年の8月詩句集『泣くなら、ここで』(第21回新風舎出版大賞ポエトリー部門優秀賞作品)を出版。


ご購入はこちらからamazon.co.jpか、左サイドバーの連絡フォームにて直接お問い合わせ下さい。

出版社倒産により現在絶版ですが、いくらか手元に在庫がございます。


*俳人「瀬戸優理子」の主な活動実績

2011年に第29回現代俳句新人賞の佳作入選。 受賞作品「晩婚」はこちらからお読みいただけます。


2014年に第14回中北海道現代俳句賞受賞。 受賞作品「結婚指環」はこちらからお読みいただけます。


2015年に第33回現代俳句新人賞受賞。 受賞作品「微熱」はこちらからお読みいただけます。

本日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は橋本喜夫さん。


終(つい)の日は五月の雪の中がよし  堀田幸子



「ねがはくは/花のもとにて/春死なむ/その如月きさらぎの/望月もちづきのころ」の西行法師の歌のように、この世の去り際をちらとでも夢想したことのない人はいないだろう(ある年齢になれば)。この句の作者は、それを「五月の雪の中がよし」と言い切る。

橋本さんの鑑賞文によると、その年の最後に降る雪を「雪の終日」と言い、旭川で平均が4月28日、網走で5月9日頃だと言う。「五月の雪の中」というのは、雪と共に、自分も消えて行きたいという想いが重ねられているのだろう。


雪国で一生を終える、北海道の人ならではの感覚・矜持と言える。


ちなみに、東京から北海道に来た義父(結婚した時には故人だったが)は、寒いのは嫌だからと言って、外にお墓を作ることをせず、お寺さんの納骨堂に入ったという。それでも、辛かった東京生活から北海道に移り、田舎とはいえ「成功者」の部類に入って、五人の子供に恵まれた人生を思えば、きっとこの土地で幸せだったのだろうと思う。



父は知らぬ五月の雪に我遊ぶ 優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪



2017.05.07 18:10 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(1) |

本日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は久保田哲子さん。


虹の兆しなほ海にあり花にほふ  足立音三


昨日に続き、桜の句だ。俳句の世界では「花」と言えば「桜」を指す。しかし、これは平安以降の勅撰和歌集の時代からで、「万葉集」の頃は「花」と言えば「梅」だった。


このあたりのお話は、先日の道新主催の講演会で田中綾さんが解説されていたが、天皇の権威付け・イメージ戦略として、梅よりも華やかな「桜」が利用された側面もあるとのこと。政治との関わりで斬っていくと、文学の違った側面もまた見えてくる。


さて、掲句。虹に海に花。もう、これ以上ないくらいキラキラとした素材を盛り込んだ青春性溢れる句だ。それもそのはず、執筆者の哲子さんによると、作者の足立音三(おとぞう)は、36歳で夭折した俳人だそう。1937年生まれ、早稲田大学在学中は俳句研究会に所属、札幌に戻った後、病に倒れ早世とのこと。


一読、キラキラした風景が浮かぶが、必ずしも明るさばかりではない、無常観も漂う詠みぶりだ。今現在、「虹」は消えてしまってそこにはない。けれど、作者は「虹の兆し」をなほ海の方向に感じて、再び現れるのを待っているのだ。「もう一度」と期待し、祈るような気持ちも見え隠れする。


そこにむせぶように漂ってくる、花の甘い香り…夢か現か判別がつかないような気分に誘われる。虹も花も永遠ではなく、消えゆくものだからこそ、美しく愛おしい。


ちなみに「虹」と言えば、夏の季語。しかし、この句の場合は季節感を伴う言葉としてではなく、待ち焦がれるものの象徴として用いられていると考えていいだろう。


さらに言えば、北海道の桜の4月下旬から咲き始め、1ヵ月近くかけて道内を北上していく。歳時記的に言えば、春ではなく、初夏の風物詩であるのだ。でも、住んでいる私たちにとっては、ようやく訪れた「春」を感じているのが、今なのだ。



ゆるやかな牢獄さくらふぶきかな 優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.05.05 13:48 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |

本日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は五十嵐秀彦さん。


沸騰す桜に浅き息となる  上田敦子


4月28日に桜の開花宣言が出された札幌。今日は最高気温が23度まで上昇、明日も同じくらいの気温との予報なので、一気に満開となっていきそうだ。このあたりも、今日一日で四分五分くらいまで開いてきて、そろそろ桜の句も本格的に詠める頃合となった。


さて、掲句。焦らすように少しずつ蕾を含ませていた桜が、ほころび始めると一気にパーっと満開になっていく様子を「沸騰す」と表現したところが独創的だ。


実際、満開の桜並木の下にいると沸騰するような熱気を感じることがある(花見の酔客の熱気かもしれないが…)。


「花の命は短し」と言うように、艶やかな美しさの裏に儚さをあわせ持つ桜に、私たちは人生の浮き沈みや生死を投影して見てしまう。生き急ぐかのように咲く桜に圧倒されて、あるいは現実ではない異世界に彷徨ったかのような錯覚で、作者は「浅き息」となったのだろう。こちらの「気」を吸い取られるかのごとくに。


言わずもがな、「桜」は季語であるが、「桜」という言葉は単に「花」を指すだけでなく、日本人が培ってきた「美意識」や「感覚」「感情」までもを含む。俳句という短い詩型の中で「桜」という言葉が担う、伝える意味は深く広く、細かく描写しなくても、映像を結び、伝えたいことをしっかり受け渡してくれる働きを持つ。(このあたりは、先日の道新の講演で五十嵐秀彦氏も語られていた)


「桜」は、そんな季語の偉大さを感じるのに、ふさわしい語でもある。


さくらさくら想うだけで満ち足りる  優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.05.03 18:44 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |

本日道新掲載の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は安田豆作さん。


奥蝦夷の五月の雪に驚かず  高橋とも子



時代によって「蝦夷地(えぞち)」と言ったときに指す場所は変わり、中央政権の支配範囲が広がるにつれ、北上していった。


掲句の「奥蝦夷」は松前藩が支配していた頃からの呼称で、東の襟裳岬と西の神威岬を結ぶ線を境に、松前に近い南を「口(くち)蝦夷」、遠い北側を「奥蝦夷」と呼んだようだ。


執筆者の豆作さんも鑑賞に書かれているが、「奥蝦夷」の範囲は諸説あり、道東地区や千島列島、樺太までも含んだようだ。


GWに突入した昨日、一昨日と、富良野・美瑛方面へ一泊旅行に出かけてきた。富良野は「北海道の臍」と呼ばれる地域。ちょうど南北の中継地点とも言える土地だろう。十勝連峰の頂上付近は冠雪しており、富良野もつい1週間ほど前は吹雪に見舞われたと言う。


ちょっと道を間違えて十勝岳方面を車で走ったのだが、平地では15度はあった気温が、標高があがるにつれ2度まで下がり、直前の雨で濡れていた路面に、夏タイヤだった私たちはヒヤヒヤ。


田畑はトラクターで耕され、道端の辛夷の木には白い花が咲き、札幌では開花宣言が出たけれどこのへんでは桜はまだ。さらに、季語で言えば夏のアスパラが店先に並び始めているが、眼前には「残雪の山」が見えるのだ。


俳句素人の夫も「この風景で一句って難しくない?」と言うくらい、道内の四月、五月は、従来の歳時記では対応できない風景が広がる。


十勝管内鹿追町にお住まいという作者の「五月の雪に驚かず」は、まさにリアリティ溢れる「写生句」なのである。


「驚かない」のは、気まぐれの雪にすぎないと知っているから。動き出した季節も畑も、五月ともなれば、もう後戻りすることはないのだ。



握手して指輪が邪魔に聖五月  優理子




人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.05.01 15:56 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
最近、1日遅れ更新が定番のこの連載(^_^;)


昨日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の1句はこちらでした。執筆者は五十嵐秀彦さん。


さへづりの円心にゐて農捨てむ  井上康秋


賑やかな「さえづり(囀り)」が聞こえ始める季節となった。今週頭から、朝ウォーキングを再開したのだが、斜め向かいの立派な庭木があるお宅を歩くと、チュンチュンと明るい声が響いてくる。目を閉じて耳を澄ますと、掲句のような「さへづりの円心」にいるような心持ちになる。


「囀り」というと、俳句をやらない方は一年中聞くことができると思うかもしれないが、俳句の季語の「囀り」は繁殖期の求愛や縄張り宣言の鳴き声を指す、春特有のもの。


そんな生命力溢れる囀りを浴びながら、「農捨てむ」と決意した人がいるというのが掲句だ。悲しみがより際立つ。


春から始まる「農」のサイクル。土作りをして、種を播いたり苗を植えたり、実るまで大事に育てていくことを、「もうやらない」と「離農」を決意することは、職業を捨てるのみならず、「土地を見捨てる」ことにもつながる。そんな忸怩たる思いもあるだろう。


これが作者の体験なのか、別の人のことを詠んだのかはわからない。作者の井上康秋さんとは、俳句集団itakでよくご一緒したが、昨年ご逝去されたとのこと。愛だのエロスだのロマンスだの、そんなお話はよくしたのだけれど、もっとご自身の俳句のことも、来歴もうかがっておけば良かったなと思った。


康秋さんの句集『にんげん』(文学の森/平成19年刊行)の帯文には、田中綾さんのこんな言葉が書かれている。


井上さんは、闘うひとである。個を圧するものを峻拒し、まつろわぬ

ひとりとしての自恃が、句を生む。その句に、雪がふる。(田中綾)




そう「闘うひと」の片鱗は、言葉の端々にうかがえた。「ひとりとしての自恃が、句を生む」。これぞ、私も目指したい俳人の姿。


ちなみに、この句集の跋文は五十嵐秀彦氏、序文は橋本喜夫氏が書かれていると聞いた。この句集の船出を後押しした3名全員が「新・北のうた暦」の執筆陣ということ。康秋さんも、自句がこの欄に掲載されて、きっと天国で喜ばれていることだろう。


この世の存在としては消えても、句は消えずに残り、語り継がれて、私たちの中で生きていくことができる。そのことが嬉しく、またせつなくもある。そんなことを思う春の夕暮れ。


鳥の恋にもある都会的センス 優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.04.27 17:37 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |