癒詩空間

詩・俳句の創作と、今日出会った心に響く言葉たちの紹介。言葉の力を信じて、言葉で素敵空間を生みだすブログです。

癒詩表紙グリーン

*詩人「たけまゆり」の主な活動実績

2004年の8月詩句集『泣くなら、ここで』(第21回新風舎出版大賞ポエトリー部門優秀賞作品)を出版。


ご購入はこちらからamazon.co.jpか、左サイドバーの連絡フォームにて直接お問い合わせ下さい。

出版社倒産により現在絶版ですが、いくらか手元に在庫がございます。


*俳人「瀬戸優理子」の主な活動実績

2011年に第29回現代俳句新人賞の佳作入選。 受賞作品「晩婚」はこちらからお読みいただけます。


2014年に第14回中北海道現代俳句賞受賞。 受賞作品「結婚指環」はこちらからお読みいただけます。


2015年に第33回現代俳句新人賞受賞。 受賞作品「微熱」はこちらからお読みいただけます。


またまた1日遅れとなりましたが、昨日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は安田豆作さん。


初蝶の沈む踏込み消毒槽  鈴木牛後


句友の牛後(ぎゅうご)さんの句が引かれていたので、鑑賞しないわけにはいきません(笑)


執筆者の安田豆作さんは獣医さん、牛後さんは御夫婦で牧場を営む酪農家。「仕事場」に共通点があり、牛後さんが俳句を始めたのも、豆作さんの影響が強かったと聞く。


牛後さんは、昨年度の「北海道俳句協会賞」受賞者であり、去年はあの「角川俳句賞」の最終候補に残って本誌に50句が掲載されたという、50代の新進気鋭の俳人。この業界で50、60は立派に「若手」の範疇なのだ。(20、30はハナタレ小僧!?)


「季語」は「初蝶(はつちょう)」で、春になって初めて目にする蝶を言う。紋白蝶などひらひら舞う小さく可憐な蝶だ。一方、夏になると、大きく飛躍力のある蝶を見かけるようになる。アゲハチョウややオオムラサキなどで、これらは「夏の蝶」という季語で表される。


掲句は「踏み込み消毒槽」という言葉、存在が、一句の中で大きなウェイトを占める。鑑賞者の豆作さんによると「外来者の足元を消毒する薬液の入った器」で最近の食品加工場や家畜舎には必ず設置されているとのこと。


こうした背景は知らずとも、春の訪れを告げる初蝶がひらひら飛ぶのではなく、そこに沈んでしまう、何やら科学的な匂いのする「消毒槽」は、愁いを含む気分を「言葉の力」だけで伝えてくる力がある(実際は写生句なのだろうが)。「踏み込み」という言葉も、「沈む」という動作を強調するようで不穏な響きを奏でる。


春の明るさの中に沈殿する、いわく説明しがたい気だるさ、暗鬱さ。初蝶という明るい存在と消毒層を対比させることで、それが浮き彫りになってくる。さらに、作者が無意識に感じているのかもしれない、牛舎と外の世界との「結界」みたいなものも、少し見えてくるようにも思ったりした。



つぎつぎと蝶の生まれる窪地かな  優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪

2017.04.25 17:27 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
昨日「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は橋本喜夫さん。



トラクター駆け春耕の地平線  山崎千鶴子


執筆者の橋本喜夫氏によると「十勝平野を詠んだ句」とのこと。十勝平野は、道内最大の食糧基地であると同時に、昨年の台風で大きな被害を受けた地域でもある。


「北海道に台風は上陸しない(逸れるか、温帯低気圧に変わる)」と思っていたし、実際、北海道へ来てから15年、台風の心配をすることはなかった。それが、昨秋は連続して台風が北海道を直撃。たいそう驚いた。


この昨年の台風禍による「じゃがいも収穫量不足」の影響で、先ほど複数メーカーがポテトチップス生産中止を発表。買いだめする客が殺到し、スーパーの棚からポテチの袋が消え去る…というポテチ狂想曲が勃発している。


「いつも当たり前にあるもの」がなくなるかもしれない。それが食べ物なら、「生存」に関わる大問題だ。日本はもっと、国民の生活を下支えする農業を大事にしなければいけないのではないかと、天災による農作物不足での「パニック現象」が起きるたびに思う。(まあ、飽食の時代、なければ別の食材で補えると思えば、それほど慌てることもないとポテチ狂想曲を眺めているが…)


ともあれ、十勝平野にも春がやってきた。


トラクターが土おこしを行う向こうに「地平線」が見える雄大な風景は、北海道ならではのもの。農家が基幹産業である私が住む町も、一気に活気づいてきている。


「耕(たがやし)」だけでも春の季語であるが、掲句の場合は「春耕(しゅんこう)の地平線」が核となる詩語である。極論を言えば、「トラクター駆け」をなくして、「春耕の地平線」だけでも、広大な大地を揺るがすように重厚なトラクターが駆け巡る様子が浮かんでくる。そして、それが春の躍動感を伝えてくれる。


削ぎ落とした言葉だからこそ、読み手が自由自在に鮮やかに描ける「景」がある。それが俳句最大の魅力とも言えるだろう。そんなことを思った1句である。


春耕や一人農家を黙々と  優理子


人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.04.24 06:39 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |

本日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は石川青狼さん。


らりるれろわが坂みちの雪解水  一原九糸郎


作者・一原九糸郎(いちはらきゅうしろう)は小樽を拠点に活動した奇才版画家・一原有徳さんの俳号である。


登山家で山岳小説をお書きになるなど、多方面の創作活動に励まれたようだが、いちばんキャリアの長いのが18歳ころから取り組んだ俳句だったとか。美術創作は40歳を超えてから始められたそうだ。


人間の「創造力」は加齢で衰えるものではなく、広がり深まるものなのだと勇気づけられる。もちろん、そこにはご本人のたゆまぬ「挑戦」「努力」があってのことだろうが。


「らりるれろ」と始まる掲句も、かなり実験的かつ挑戦的な句だ。小樽は坂の町。そして坂道と言えば人生になぞらえることも多い。だから「わが坂みちの雪解水」というのは、よくわかる感覚だ。


海沿いで冷たい風の吹く、小樽の街の遅い雪解け。雪解水に濡れた坂道は、陽射しを照り返しきらきらしているのかもしれない。春の兆しを感じて、坂道なれど心も体も軽くなるのだろう。


その感覚を「らりるれろ」と表現し、中七下五のフレーズにぶつけてきたところに、詩が生まれた。


執筆者の石川青狼氏の鑑賞によれば、「ラ行音ラリルレロは、舌先を上歯茎に軽く弾いて出す流音(りゅうおん)で、明るく軽快に流れ動く響き」とある。「ランラン」「ルンルン」など、スキップして弾む気分を表す擬音もラ行音だし、ドラマ「北の国から」で五郎さんがキタキツネを呼ぶときの「ルールルルル」も明るく輝きに満ちている。


意味ではなく「音」の持つ響きと平仮名表記の視覚のやわらかさ。こうしたところにこだわるのも、俳句を詠む(読む)楽しみであり、作者にとっては腕の見せどころでもある。

小樽市のホームページには、「ぱぴぷぺぽ山を焼く音恋の唄 九糸郎」の句が紹介されていた。⇒参考ページ


「山を焼く音」と「恋の唄」を並列させて、「ぱぴぷぺぽ」とぶつける…その心は!?山を火の音に「パ行」を連想し、炎からの連想で「恋の歌」というところだろうか。


実は日本では、「ぱぴぷぺぽがつく言葉は人々の印象に残りやすくヒットしやすい」と言われ、商品開発などのネームングに一字は入れるように勧める人もいるくらいだ。最近ではピコ太郎さんの「ペンパイナップルアップルペン♪」が記憶に新しいところ。


「ぱぴぷぺぽ」の恋の唄が愛しいあの人に「ジャストミート」するように、そんな願いも込められているのかもしれない。


というわけで、今日は私にもあった五十音を詠み込んだ句を。


やいゆえよ雪虫舞えば子も舞って 優理子


人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.04.20 13:08 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
道新の「新・北のうた暦」に併走するこのブログ連載も30回を超えました。ひと月分マラソンしたということで、これからは週2~3回、心惹かれた句をピックアップして鑑賞するという具合にペースダウンします。


というわけで、本日朝刊掲載のこちらの句について。執筆者は安田豆作さん。


春愁の吾をとりまく楡の幹  依田秋葭


依田秋葭(よだしゅうか)さんは、依田明倫(めいりん)さんの以前の俳号(さらに今年から「あきよし」に変わったとか)。依田さんは、私と同じ空知地方にお住まいで、主宰する俳句同人誌「夏至」が創刊25年で100号を超えたとして、3月30日の北海道新聞空知版で紹介されていた。


「句がマンネリにならないよう、世の中の動きを取りれた句を載せるようにしてきた。継続することに意義があるので、続けることに大きなエネルギーを費やしてきた」


と俳句への意欲、バイタリティ溢れるコメントが掲載されていた御年89歳の大ベテランである。


しかし、そんな依田さんも掲句のように「春愁」にとらわれることがあるようだ。「春愁(しゅんしゅう)」は春の物憂い気分をさす季語。和語でやわらかく「春愁い(はるうれい)」とも言う。


首を長くして春を待つ北国にあっても、やはり「春愁」は存在する。万物萌えいづる、生きとし生けるものが活発に動き出す華やかさの裏の、ある種の暗さや倦怠感。俳人の鋭敏な感性がそれをとらえ、「物思う吾」をも季節の一部として季語にしてしまったのだろう。


「春愁」は比較的新しい季語で、季語研究の第一人者山本健吉によると、大正十四年八月発行の『新校俳諧歳時記』(今井柏浦著)に出てから広まったという。秋の物思いをさす季語「秋思(しゅうし)」もあるが、これはさらに時代が下り、第二次世界大戦後に定着したようだ。


「春愁」も「秋思」も現代俳人はわりに好んで使う季語であるように思うが、それだけ「自然」よりも「人事」を詠むことが増えているからかもしれない。しかし、依田句は、「春愁の吾」を中心に置きながら、どっしりとした自然詠に仕上げている点がさすがだ。


執筆者の豆作さんが「春愁の句にしてこれほど骨太な句があるだろうか」と鑑賞しているように、春の物思いに飲み込まれてしまうのではなく、自らを取り囲むように聳える楡の大木の太い幹が発する生命力を魂に取り込んで再生していこうという意欲が見て取れる。

木の精霊と交感する至福の時間が、そこにある。



特売のコロッケにもある春愁  優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.04.17 17:33 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(2) |

またまた1日遅れとなりますが、昨日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句について。執筆者は久保田哲子さん。


翠巒に溶けゆく嬰のねむりかな  大類孝子


「翠巒(すいらん)」という日常では聞きなれない言葉が季語。桜の季節が終わった「みどり色の連山」を指す、「夏の山」の傍題としてある季語だ。


戻り雪のあった一昨日の札幌。執筆者は、毎度、ご自身の選んだ1句とその日の天候とのシンクロを気にされているようで、哲子さんも気を揉んだ様子がFBフィードに流れてきた。一度、寒さが戻ったとはいえ、また次の日には15度を超える暖かな天気。おてんとさまのご機嫌には、勝てないのであります(笑)


さて、掲句。なんとも大らかで気持ちの良い、生命の誕生を祝ぐ句である。大景と命の賛歌を重ねた「かな」の詠嘆が効いて、句の品格を上げている。


山は、神々の住む楽園であるとともに、大地の乳房、腹、恥丘などと見なされる信仰もある。太陽に照らされた緑濃い山「溶けていく嬰(やや)のねむり」。この世のたった一つの命が、生まれ落ちた世界を信頼して眠っている様子は、幸福に満ち溢れている。


魂がいちばん綺麗で透明な季節。そんな人生の始まりの季節を懐かしんでいる気持ちもあるのかもしれない。加えて、執筆者の哲子さんが鑑賞されているように「北海道の雄大な自然が根底にある」というのが、この句の支柱ともなっている。



乳房張る悦びと憂さ夏の山 優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.04.15 12:37 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |