癒詩空間

詩・俳句の創作と、今日出会った心に響く言葉たちの紹介。言葉の力を信じて、言葉で素敵空間を生みだすブログです。

癒詩表紙グリーン

*詩人「たけまゆり」の主な活動実績

2004年の8月詩句集『泣くなら、ここで』(第21回新風舎出版大賞ポエトリー部門優秀賞作品)を出版。


ご購入はこちらからamazon.co.jpか、左サイドバーの連絡フォームにて直接お問い合わせ下さい。

出版社倒産により現在絶版ですが、いくらか手元に在庫がございます。


*俳人「瀬戸優理子」の主な活動実績

2011年に第29回現代俳句新人賞の佳作入選。 受賞作品「晩婚」はこちらからお読みいただけます。


2014年に第14回中北海道現代俳句賞受賞。 受賞作品「結婚指環」はこちらからお読みいただけます。


2015年に第33回現代俳句新人賞受賞。 受賞作品「微熱」はこちらからお読みいただけます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は石川青狼さん。


海霧深き沖もふるさと海の声  鈴木青光


季語は「海霧」。読み方は「うみぎり、かいむ、じり、がす」など様々にあるが、掲句は「じり」と読む。俳句では、こう読ませることが多い印象だ。短い音数で季語を収めるほうが、ほかの要素に言葉を使えるからだろう。


「霧」単体では秋の季語となるが、「海霧」は夏の季語。別に「夏霧」という季語もある。

海に立ち現れる霧は、道内では太平洋側に位置する釧路沖独特のもの。「霧の街・釧路」とも言われるだけに、この地に住まう人にとっては、「ふるさとのイメージ=霧」なのだろう。霧に包まれ、視界がぼんやりし、海と陸地の境界線が曖昧になって、まるで地続きのように見える沖。


そんな「自分」の存在しか感じられないような海霧深き中で聞こえてくる「海の声」。波の音、霧笛の音、航海する船舶の気配…、視界を奪われているからこそ、感覚は研ぎ澄まされて、響き渡る「海の声」を身体全体で感じることができるのだろう。


幻想的な釧路の夏の景が「はっきり」と浮かんでくる、読んでいると不思議な感覚にとらわれる句だ。



海霧流れ込む二杯目を待つグラス 優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
スポンサーサイト
2017.06.22 12:37 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |

今日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は安田豆作さん。


牡丹の大きくて風大きく来  藤瀬正美


牡丹は「ぼうたん」と読む。「ぼうたんの百のゆるるは湯のやうに(森澄雄)」などもそうだ。

ぼうたんと読ませることで、「ぼたん」という音とは違った、間、リズムが生まれ、たおやかだったり、雅だったりする印象が生まれる。「蛍」を「ほうたる」と言うのも、そうだ。


単に語呂合わせではなく、その季語を一句の中でどう表現したいかによって、季語の言い回しを選択していくことになる。俳句は声に出して、耳で聞いて味わうということも念頭に置きながら、詠んだり、鑑賞したりしたいものだ。


さて、豆作さんの鑑賞文によると、掲句は日本最北の牡丹園で知られる北見市の「河西ぼたん園」での作とのこと。


河西ぼたん園の存在は初めて知ったが、調べてみると、大正~昭和期に北見で造林業を営んでいた河西貴一が昭和3年に私財を投じて開園し整備したものだそう。4.8ヘクタールの土地に初夏には五百株の牡丹が咲き誇るとは見事だ。只今、「第10回平成ぼたんまつり」の真っ最中。


「ぼうたん」というゆるやかなリズムから始まり、「大きく」のリフレイン、そして「風」の到来。おおらかな北の大地ならではの「ぼたん園」の景が見えてくる。6月の心地よい冷涼さを含む風の中、広大な庭園に揺れる牡丹は、都会で見るそれの豪華絢爛さとは違った、野趣を帯びた華やかさを醸し出しているのだろう。衒いのないストレートな詠みぶりが魅力だ。


たましいの異形ぼうたんの花心  優理子




人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪

2017.06.19 11:58 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
今日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は久保田哲子さん。


はまなすや雲に階見たる日も  中西徳太郎


はまなすは、この季節に咲く北海道を代表する花のひとつだろう。ハマナスというと、私はまず水彩画のお花が一面に描かれた菓子メーカー「六花亭」の紙袋を思い出す(笑)

真ん中の赤い花。

17-06-16_001.jpg


掲句は、中七以下の「雲に階(きざはし)見たる日も」の詩情溢れる措辞が魅力的だ。はまなすは、主に海岸の砂地に自生する。雲と赤い花と青い空と海。こう書くとキラキラした眩しさを感じてもおかしくないが、句の醸し出す雰囲気は、底抜けの明るさとは別の、「せつなさ」を感じるのはなぜだろう。


鑑賞者の哲子さんは、「『雲に階を見る』とは、作者の心が遠くへ及んでいることであり、遠くがよく見えることはどこか哀しいことでもある」と評している。


そう。「見える」ではなく「見たる」とあるところが肝なのだ。作者の心が主体的に「見る」ことを選択したからこそ、見えた雲から天井へと伸びていく階段。それは、この世ではない「どこか」に思いを馳せているからなのだろう。


足をつけている地上にある「はまなす」から、空の雲へと転換していく視点。赤い花の残像は、作者の心の動きひとつで雲の上にまで持ち出され、別世界でもたしかに咲き続けているのだ。



はまなすや三人揃う晴れ女  優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.06.16 16:24 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
今日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は五十嵐秀彦さん。


蜂飼ひや花アカシアの光り満つ  梅津早苗


季語は「花アカシア(アカシアの花)」で、ニセアカシア(和名:針槐=はりえんじゅ)」を指す。


「ニセアカシア」のニセは「偽」。これだけ聞くと、あまり印象の良くない名前であるがもともとの植物名である「pseudo-acacia」を直訳すると「よく似たアカシア」、つまり「ニセアカシア」ということだから仕方がない。


北海道では、街路樹、公園樹としてよく見かける。ちょうど今が花の盛りで、房状に白い花を付けて枝から垂れ下がり、甘い香りを放つ。ハチミツの原材料にもなるため、掲句のように「蜂飼ひ(養蜂家)」が登場するわけだ。


この句を見たとき、私はすぐさま「風間塵(かざまじん)だ!」と思ってしまった。直木賞、本屋大賞をダブル受賞した恩田陸氏の傑作『蜜蜂と遠雷』に登場する、養蜂家の息子で、家にピアノを持たない規格外の天才ピアニストだ。


彼の指が生み出す音楽は、洗練されていない野蛮さがありながら、力強い生命力で光に満ち溢れ、コンテストの審査員が反発を覚えながらも魅了されていくという設定だ。室内に音楽を閉じ込めるのではなく、もっと自由な世界に音楽を解き放って、音楽と戯れている。花を追って、蜂と共に移動する生活を送る「蜂飼いの子」ならではの個性がそこにあるのだ。(とわかったふうなことを書いているが、音楽については、とんと無知である)


先に恩田作品に出会った恩田作品をベースにした「蜂飼ひ」のイメージであるが、梅津句にも重ねられる部分があるだろう。蜜を採取するため、花を追ってたどり着いた北の大地。花とハチミツと空と空気と。そのすべてが「光り満つ」様子を祝福している句である。


作者の梅津早苗さんは、平成27年句集『花に帰す』で第36回鮫島賞を受賞。角川春樹の『河』所属で「のっぴきならぬ一行詩」と題して北海道俳句年鑑に受賞の言葉を寄せている。抄出句の「漂白や花にはじまり花に帰す」「行く春や男の乳首寂とあり」などに心惹かれる。




花アカシア濡れて吐く息浅くなる  優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.06.14 16:39 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
昨日の「新・北のうた暦」(北海道新聞朝刊)掲載の一句はこちら。執筆者は橋本喜夫さん。


梅雨の牛かなしきまでに乳房張る  青木よしを


「梅雨前線」の停滞による一般的な「梅雨」はないが、実は北海道にも「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」がある。


執筆者の橋本さんが鑑賞文に書かれているが、「オホーツク海高気圧から冷たく湿った風が吹く」ために起こる現象だ。近年の北海道は、6月~7月の長雨も多く、運動会や野外のイベントは影響を受けて困ることも。遊びはともかく、日照時間不足根腐れなど、農作物にとっては深刻な状況を引き起こし、農家さん泣かせでもある。


さて、掲句。乳房張る牛の様子を「かなしきまで」と見て詠んだところに、作者の心情が投影されている。


一読、「ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき(桂信子)」を思わせるが、「乳房」「梅雨」の句材は共通でも、対象への距離感は異なる。

信子句が自身の身体の一部である「乳房」の存在そのものに「憂さ」を感じているのに対し、よしを句は「牛」の乳房であること、自分の意思にかかわらず生理的反射作用で「張ってしまう」乳房の様子を客観視して心情を重ねて詠んでいるのだ。乳房持つ性と、持たぬ性の捉え方の差を味わうと興味深い。


「乳房」を詠んだ名句はたくさんあるが、「生命力」の象徴として明るく詠むタイプの句と、今日の句のように鬱屈した心理状況を重ねるタイプの句に分かれるように思う。


私自身は、乳房あることを「憂し」と感じたキャリアウーマン(笑)時代もあったけれど、二人の息子の授乳体験を経て、「人間も哺乳類」を実感、自分の乳房を恋しがる小さな生き物の可愛らしさや新しい命を育てる歓びを知った今は「乳房素晴らし」側で詠みたい派なのである。



夏シャツの乳房で伸ばす畳み皺  優理子



人気ブログランキングへ

ポエムブログ 心の詩

あなたの応援クリックが記事更新の力になります♪
2017.06.12 19:10 | 北の歳時記 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。